[ Tags :: NTT ]

NTT光回線のホームゲートウェイの痛い話

昨年、NTT西日本とこんなやりとりをしました。


ホームゲートウェイのメーカで、NECなど数社が担当しているが、私はNECにしていただきたい。

と言う話をした。


コールセンタの某氏より「メーカ指定などあなたに指図される筋合いは無い」と言う痛烈な一言を受け、その事がきっかけで1年も経たずに光回線を撤去する事になったのは記憶に新しい。
そんな中、本日こんな記事Link を見た。

NTTHGW


これは、ホームゲートウェイの端末でMIは三菱電機を指す。

私はNEC至上主義で無く、ISDN時代から端末の実績が一番ある会社はNECであると言いたいだけで他意は無い。
ISDNも、ADSLもFTTHに至るまでNECのシェアははっきり言って大きい。


なかばこの話について、今回の記事を見て揚げ足をとるつもりは毛頭なく
むしろ「やはり起きてしまったか。」と言う気持ちにさせられた。

NTTのホームゲートウェイは

NEC(型番NE)
沖電気(型番KI)
三菱電機(型番MI)
住友電工(型番SE)

があり、現行タイプではおもにNEC・沖電気・三菱電機のいずれかが配備されるがユーザはまずこの事実を知らない。
私は過去の経験上、NECがあるのを確認した上で、立ち会いをする場合も含めNECを置くように依頼した。
三菱電機の光端末はおもにBBIQでよく使われており、ギガビットタイプの回線を使用する場合は三菱電機となる。
一部のユーザについては、富士通もあるが現在は三菱電機がほとんどではないだろうか。

NTTはなぜホームゲートウェイを数社に開発させたのだろうか。

過去の端末と違い、外観は同じだが内部仕様が異なる。

NEC

PR-400NE


http://www.ntt-west.co.jp/kiki/download/flets/pr400ne/PR-400NE_man1303.pdfLink

三菱電機

PR-400MI


http://www.ntt-west.co.jp/kiki/download/flets/pr400mi/PR-400MI_man1303.pdfLink

沖電気

PR-400KI


http://www.ntt-west.co.jp/kiki/download/flets/pr400ki/PR-400KI_man1303.pdfLink


ハードウェアの仕様は基本は同じだが、沖電気・NECにはあるが、三菱電機には無い機能としてセキュリティ保護機能がある。

このあたりは機能としてあるか無いかのレベル故、どちらが良いとは言えないが
チェックしておくポイントの一つと言える。


マニュアルではわかりづらいのだが、NECと沖電気においてUPnPの動作が実は違う。

沖電気はグローバルIPを返すのに対し、NECはプライベートIPを返す仕様になっている。


セキュリティの面で見た場合に、NECの方が強固である事がわかる。
パスワード設定に関しても沖電気はすべて一緒のフレーズができるが、NECは個別に変更しなければ使えない制約がある。これも同様な理由からだろう。


こういった事をNTTの担当者にクチ酸っぱく伝えたところで「どれも同じだから」いうのは甚だおかしい。

見かけ倒しで実は中身が違いましたでは正直困る。

ホームゲートウェイなど端末関連では、沖電気も過去にトラブルLink があった。


こういった事情からNECが安心と言うより「確実」とみたゆえんである。

もっとも、こういうトラブルを声高らかに申し上げるつもりは毛頭無いのだが、どれも選んでも同じ金額ならユーザにも選ばせる権利が欲しいモノだ。

もし、そういった事をしたくないとNTTが考えるならば、提供ベンダーは目的別に分けるべきじゃないだろうか?

マンション用 沖電気
テレビ用 三菱電機
一般家庭用 NEC

といった感じである。
どこのユーザも同じメーカ・同時期なら同じ規格なら納得もできるのだが・・・。

後はレンタルの無線LANカードの件だが、
同時工事なら「事前配送」とかでなく、工事会社が持ち込む方がずっと良い。


NTTで光回線工事を検討している場合、ホームゲートウェイはNECを希望と一言伝えた方が後々良い。

— posted by admin at 10:36 pm   pingTrackBack [0]

ブログの検索ワードから知る「2013年9月のトレンド」〜NTTファイナンスの社内組織

ブログの検索ワードの筆頭はいくつかありますが

最近目立つのが、NTTグループの請求に関する話題


昨年7月からNTTファイナンスが収納会社となり、NTTグループのNTT西日本・東日本・コミュニケーションズ・ドコモの4社の請求をとりまとめる「おまとめ請求」の話題。


現在の各社の仕組みについて簡単に説明すると

NTT(持株会社)

NTT西日本(事業統括会社)

NTT−MA(マーケティングアクト:コールセンタ部門)・NTT西日本−九州等(法人営業会社)

となっており
NTT西日本の関連会社と別で収納委託会社の位置づけに「NTTファイナンス・NTT西日本担当」
と言う流れになっている。


いわゆるこれまで、NTTマーケティングアクトやNTT西日本−九州が受け持っていた「収納業務」だけをNTTファイナンスに移管した格好で現場の社員は異動などは無くこれまで通りの業務で「NTT西日本」の位置づけとなるのだ。


これが結構やっかいな事になっており

NTTファイナンスのNTT西日本部門とNTTファイナンスのNTTドコモ部門は別だと言うこと。

営業時間もドコモは年中無休の9時から夜8時だが、それ以外は平日午前9時から午後5時である。

目立った動きはまだ見られないが今後は、コールセンタを一元化するはずで
おまとめ請求に関するセンタは、NTTコミュニケーションズLink の料金センタのある福岡のビルで、関係筋によるとコミュニケーションズとおまとめ請求センタの人的交流は無く、同じ会社であっても別組織である事がわかっている。


さらにやっかいな話を付け加えると
「NTTファイナンスの料金センタとNTT西日本の料金センタは同一住所・同一担当者である。」

私の会社では、NTTファイナンスから請求書は発行されておらず、私の会社では今もNTT西日本・NTTコミュニケーションズから請求をもらっているのだが、本日現在、NTTファイナンスへの「変更不可」という大人の事情もある。


特に多かった「NTTファイナンスの滞納とCIC(信用情報機関)への事」を検索ワードで調べている方が多かったので解説。


NTTファイナンスで料金滞納した際のCIC登録要件は

1) NTTファイナンスのクレジットカードを利用した場合
2) NTTドコモの収納業務を受託し、かつ携帯電話を分割で購入し滞納した場合
3) NTTドコモの料金の料金を他の事業会社(NTT西日本・NTTコミュニケーションズ)の料金を合算し期日までの支払いで滞納した場合


つまり、一言にCICへの登録はされるという事でなく、NTTファイナンスのクレジットカード(NTTグループカードを指す)か、NTTドコモの携帯電話分割払いがある場合に限られる。

A)NTT西日本をコンビニ払いか銀行引き落としをしている場合
B)NTTドコモでも携帯電話の分割払いをしていない場合

は仮に滞納したとしても、CICへ登録をされると言う心配はない。

ただ、NTT西日本で料金滞納で契約解除を受ければ今後グループ各社の契約は厳しいのか?
とみると、いまいちそのあたりが記載されていない。

またNTTのグループ会社における個人情報の取得要件が異なり

1:NTT西日本
(契約時に本人確認をとって契約するが、加入権ベースで見た場合、すでに死亡した場合でも契約者と見なし存続する)
2:NTTコミュニケーションズ
(個人情報は原則取得しない。名義変更やデータ通信の契約など一部の場合を除く)
3:NTTドコモ
携帯電話の法律Link に基づき、本人確認は対面を始め厳格に取得。生年月日の情報は常に契約の際、確認を受ける)

よって同一人物かどうかの確認はきわめて難しい。


CICへの登録の可否はこういった個人情報取得に関する指針が各社異なる事で、NTTファイナンスにして登録情報の名寄せを含めた対策が急務である。

おまとめ請求もルールが非常に「あいまい」である。


大事な事は2度言う。

結論は以下の通り

NTTファイナンスでCICに登録される事は
1)「NTTファイナンス発行のクレジットカード」を持っているか?
2)「NTTドコモで携帯電話の分割払い」をしているか?

1)・2)のいずれかに該当した場合はCICに延滞の記録が残る。


2013年現在、NTTのサービスは他社ですべてまかなえる為、すべて解約してもなんら影響はない。
これからNTTファイナンスの整理統合は確実に進むと予想。

当面の動きに注目したい。

— posted by admin at 05:49 pm   pingTrackBack [0]

回顧録(3)〜NTTと私

今でこそ、IT全般を当たり前のようにこなしているのですが、NTTとのやりとりは結構古く、十数年前にさかのぼります。

平成9年といえば、私がちょうど大学に入った頃、当時はケータイやPHSが普及し始め、ポケベルが末期と記憶しています。
ちょうどこの頃には、こんな歌も流行りました。


多感期だった、私のトレンドは、むしろパソコン通信でした。
nifty-serve(現@nifty)やPC-VAN(現Biglbbe)のフォーラム参加は今で言う、mixiやfacebookのやりとりに近く、私から見ると、原点回帰になったのかなと言う印象を受けます。

この頃、パソコン通信を個人レベルで展開したのですが、電話回線を最盛期は4〜6回線引いていました。

電話番号もぞろ目で取得していたのは、ちょうどこの頃の話で移転するまで、長らく利用していました。
今の電話番号に切り替えて今年で7年です。
電話番号にこだわるようになったのは、事業を本格的に行うようになってからですが、覚えやすい番号(いわゆる良番)の部類は、固定番号では全桁同じで取得したのは過去に2回ほどで、後は3桁同番または繰り返しぞろ目(いわゆる3838のような番号)が中心です。
電話番号の話をするとまだまだ書けそうです。

話しを少し戻しましょう。

当時パソコン通信を中心に生活をしていた私は、ポンコツのノートパソコンを片手に、片道20分のデジタル公衆電話まで歩き、わずか10分の通信をして帰る生活をしていました。

今でこそ、イーモバイルのような端末をつけて行うのですが、まだ当時はモデムをつなぎ、テレカとモデムでやりとりしていたのが懐かしく、一日かけて原稿やデータを作り、10分の間にデータをやりとりする。生活がかなり続きました。

それから、ISDN回線を引き、昨年の夏まで利用していた訳ですから実に10数年お世話になった事になります。


NTTに関して言えば、まぁいろんな意味でお金をかけました。

ISDNのTAは用意したものの、DSUが内蔵されておらず、NTTに準備してもらったところで初期費用が5万円近くかかりました。
今で言うところの光回線の工事費用を一括で支払った計算です。実際はそれよりも多く払っていますが・・・


電話回線をばんばん引いたのは、ISDN回線ですが、電話加入権はまだ1本しか持たず、残りはすべて加入権無しのライトプランで契約していました。
支払額はざっくりですが、基本料金だけで1万円は軽く超えており、これにダイヤルインの料金、夜間の使い放題(テレホーダイ)のオプション料諸々で2万円は超えていたはずです。

私の会社の電話番号が095−833−xxxxで始まるのはこの頃からです。

当時使っていた番号が
095−833−2635/2915/2647/2929/2883

個人契約にもかかわらず、代表回線を構築したりダイヤルインを入れたりいま思えば、生産性のない事にお金を使っていた自分がばかばかしく思います。
それから、ある事がきっかけでインターネット回線を専用で引こうと、OCNエコノミーを引いたのが2000年の事。

IT企業として足場作りを始めた、エーアイスクエアステーションの原点といえる出来事といってよいでしょう。
NTTの販売取り次ぎを始めるようになったのは、こういった時代背景があり、NTTが分社・再編した事で大きく変化した時代を見据えた当時は営業窓口(長崎では出島ビル1F)にカウンターが並ぶところでしたが今ではその影もなく、時代の流れを感じる瞬間です。

まだNTTといえば、正社員が受付/収納/サポートをしていましたが、いつの間にか電話だけ、訪問も委託ないし代理店が訪問するのが当たり前となったのはどこか寂しい気がしてなりません。


今のノウハウは当時の授業料が大きく貢献していると自分では思っています。

— posted by admin at 11:25 pm   pingTrackBack [0]

小さな親切、大きなお世話(3)

今日、電話料金についてNTTへ連絡を取った。

過去の話題Link


過去のいきさつから、ちょっとしたことでもすぐに上司に代わるという横暴ぶりにはさすがにあきれた。

小さな親切は、人によってはつい「ありがちな行動」かもしれませんが、私にとってみれば
「コールセンタ」でわかる、ありふれた質問「**月分が**頃請求されるのか?」というごく単純な質問である。
光回線の料金の締め日は末締め翌月末払いというのが基本で、これまでは10日締め翌月10日払いが当たり前だったわけですからこの変更タイミングは実にシビアだと考える。
支払い計画を事前に立てるのは難しく、請求書が発行されるのは実に支払日の10日前であるからそうそう、猶予もない。
別に「NTTの支払いができないほど困窮しているのか?」という訳でなく、事前に確認すべき事は確認してわかればそれでよいのだ。


確かに必要なときには「いやじゃといってかたくなに拒否」して混乱したにも関わらず、平時は安易なことでも大事にするのはすこし違うように思う。


かねてから書いてますが

「小さな親切、大きなお世話」と言いたい。


頼むから、空気を読んでくれ。

— posted by admin at 06:08 pm   pingTrackBack [0]

NTTからの手紙

2ヶ月ほど前に出した、NTTへ出した手紙の返事が届いた。

こちらは内容証明で出したのだが、相手方は簡易書留で届いた。
経費削減と言うより形式的な意味合いが強い。

はてさて内容はとりあえずかいつまんでかくと以下の通り。


「内容を弁護士と協議した」
「貴殿の行為は、他のお客さまに比べ、特別な事が多い」
「業務を逸脱した長時間にわたる応対は不当行為に当たる」
「今後このような事があれば、受注は致しかねる」


途中のいきさつは中略しましたが、このようになったいきさつをもう少し精査していただきたいのだが、電話番号を独自に確保して依頼をかける行為はいけない・・とかいろいろあるが

「独自に確保した番号で依頼するのはいけない!?」

NTTは何が言いたいのか私には理解しかねるのですが、私は「NTTのルールに基づき」対応した事に過ぎず、百歩譲って電話番号を仮に発注の段階で確保してもらうことにしよう。

光回線の場合、電話番号を取得するのは「回線工事が決定=可決」してから取得する流れになっており、私の場合は逆説的にアナログ(ほとんどがISDN回線)にて開通させ、その後光回線の取得に流すいわゆる、メタル新規+光新規+番号ポータビリティの3段ロケットをNTTに要求する。

当然工事費用は通常の場合に比べ、2〜3倍に跳ね上がる。

NTTからすればただでさえ割引割引の中、私の様なコストがかさむ手法をとる方が頭がおかしいはずである。

事実、近年光回線提供エリアで私のような取得しているケースは皆無に等しくそれは、電話番号を見れば明らかである。

長崎地区においては
095−895−xxxx
095−865−xxxx
095−801−xxxx

といった番号で取得したケースである。
番号にこだわらず、取得に走ればまあどのような番号がでるかは分からない。

私がなぜ電話番号を先に決め、光回線を利用するかこれには次の様な理由があった。


福岡の知人が事務所移転に伴い番号変更+光回線を引く計画を持っていた。
しかし電話番号については以下の理由からISDNで先に番号選定し、光回線へ移行するスキームをとった。

このようにした理由は以下の通り


*過去に局番違いで番号を取得したら、お客さんから不審がられた。
*局番である程度の地域性を持たせたい。
*案内状を出すに当たって早く番号を決めたい。


と言う理由があった。
個人宅で電話番号を取得するならばわざわざ、追加費用の掛かる事をするのは好ましく無いが、複数番号を取得するのはこういった事業向けである程度の計画を持っていた為である。

このように入念に計画を立てていたのだが、残念な事にトラブルが起きてしまった。


「光回線の端子に空きがない・・・・・。」

はいっ?

移転先は光回線の対象だが、移転日までに工事ができない。

と言うオチが付いてしまったのである。


結局、ISDN化は断念し、急遽アナログ2回線+ADSLと言う方法になった。

アナログ2回線については当初3番号取得し、ISDNで工事する予定を2番号に減らし、FAX番号にADSLをのせる方法にした。

ADSLをいつまで使わなければいけないか見通しは立たないが、固定IP等、いくつかの諸条件に照らし合わせた苦肉の策だった。



このような経験から、光回線で引く事を前提に工事ありきを立ててしまえば、予想しないトラブルにぶち当たるのは言うまでも無い。


幸い、ADSLでの生活?はわずかひと月程度で解消され、現在は移転前同様光回線の環境になっている。

彼の場合は、ADSLから光のスキームだったのだが、もし光回線での計画が失敗しても、その電話番号を他社へ移転(番号持ち出し契約いわゆるナンバーポータビリティ)を実施する事の含みおきがある。
常に番号をISDNないしアナログ回線から光回線の電話へ転用するのはわずか数千円だが今後光回線を使う事もあればアナログに戻すかもしれない、ひょっとしたら他社に移転するかもしれない。

こういったリスクマネジメントをNTTでなく、我々エンドユーザが持つ事は本末転倒であり、その意識を始めプロとして感覚に欠ける社員が多いのは残念ながら仕方無い。

このような社員を庇う以上、私は今後NTT西日本とのつきあいは極力したくない。
書面を受けとった上で私は近々契約は全廃の方針を固めた。解約金がかなり掛かるようだが、気にする必要は全く無い。むしろ今の状態の方が精神衛生的に良く無い。

以下の話は、NTT西日本にも通告した内容である

通信回線は、NTTしか選択肢の無い時代は終わった。
既にNCC系、地域CATV系、電力系とある。NTTはその中の一つに過ぎない事を分かっているだろうか?
それだけ存在感は勿論の事、これまで培った安心と信頼は既に失いかねている事をご存じだろうか?

と申し上げた。(表現としてはこれより厳しい言い方をしているが概ねこのような内容である)


NTTは電電公社の時代

— posted by at 11:07 pm  

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 2024.6 >>
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0439 sec.