商取引におけるカード決済の意義

私は、あらゆる業種業態の方には必ず「クレジットカードの取扱」を可能にすることが大事。
と申し上げております。


これは売り時を逃さない為のツールであり、チャンスだと捉えています。


私は旅館・ホテルに対し、予約サイト対策のコンサルティングを行っています。
※予約サイト対策のコンサルティングサービスは1ヶ月12600円(長崎市内2時間×2回・交通費込み)


じゃらんnetや楽天トラベルにおいて「カード決済」は企業対個人の取引において必須事項で、必要経費だと考えます。


宿泊料金のコスト管理に関しても、当然ですが「カード取扱手数料」は含めて行う必要があると申し上げます。



この件に関しては、関係者からはやはり冷ややかな目で見られ、手数料が掛かるからカードは「予約サイトでは使わせない。」

と言う意見は、取引を行っている宿の半分以上に上ります。
ダメだと言うのは、やんわりでなく頑なに首を振らない方が多いのです。


実際にカード決済を導入している関係者に聞き取りを行ったところでは、月に10件の取扱はない。と言う内容でありこれはカード決済を必須とせず、選択式にしている状況ですから宿の規模と平均的な予約件数から推測するに1ヶ月あたり5%前後のユーザがカードを選択していると考えられます。(1日1件ネット予約が入ったと仮定した場合)

逆にいえば、カードを一律に不可としたところで、1ヶ月あたり5%〜10%程度の顧客が獲得できない。
と言う事ではないでしょうか。
この5%〜10%と言うのは全体の売上としての10%でなく、予約サイトからの予約件数が10%程度減ると言う意味であり、全体の売上ペースから行けば3%未満と考えられます。(月商250万とした場合、約7万5千円)

商取引におけるカード決済の意義は、実店舗においては敬遠したくなる部分もありますが、ネット販売においてカード決済が使えないのは致命的と考えます。

昨今はこういったカード決済の有無で取引の差が出てしまう事は多くあります。


難しい世の中になりました。

— posted by admin at 09:42 pm   pingTrackBack [0]

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 2012.9 >>
SMTWTFS
      1
23 4 5 6 7 8
910 11 12 13 14 15
161718 19 20 21 22
2324 25 26 27 28 29
30      
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0178 sec.